vol11.jpg
ライフライン21
がんの先進医療
2013 Oct.vol.11

2013年10月30日発行

定価1143円+税


特集Ⅰ

肝臓がんー標準治療と先進医療

【標準治療】系統的亜区域切除術と肝がんの基礎知識
      ―ガイドラインから見た「幕内式肝切除術」
      幕内雅敏(日本赤十字社医療センター院長)

      不可能と言われた尾状葉単独全摘を可能にした「高山術式」
      ―世界に先駆け日本で開発された手術法
      高山忠利(日本大学医学部消化器外科教授)


【先進医療】大きな肝臓がんの治療でも手術に匹敵する成績の重粒子線治療
      ―「高い殺細胞効果」と「優れた線量分布」がもたらす成果
      安田茂雄(放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院医長)

      手術やラジオ波で治療できない肝臓がんに成果をあげる陽子線治療
      ―肝臓がんで世界一の症例数を誇る筑波大学陽子線センター
      櫻井英幸(筑波大学医学医療系放射線腫瘍学教授・筑波大学陽子線
      医学利用研究センター長)

      ラジオ波焼灼システムを用いた腹腔鏡補助下肝切除術
      新田浩幸(岩手医科大学医学部外科学講座 講師)

特集Ⅱ

がんワクチン治療の現状


最新のがんワクチン開発の現状と臨床
今井浩三(東京大学医科学研究所附属病院 病院長)
安井 寛(東京大学 医科学研究所附属病院 抗体・ワクチンセンター)
醍醐弥太郎(東京大学 医科学研究所附属病院 抗体・ワクチンセンター)

最新のがん免疫療法開発の現状と展望
―日本では各種がん免疫療法の臨床試験が進行中
河上 裕(慶應義塾大学医学部 先端医科学研究所 所長・細胞情報研究部門 教授)

がん専門病院における「がんペプチドワクチン療法開発の現況」
―がんの治療・再発予防に向けた免疫療法開発分野での取り組み
中面哲也(国立がん研究センター早期・探索臨床研究センター免疫療法開発分野 分野長)

テーラーメイドがんペプチドワクチン療法の現状と今後の展望
笹田哲朗(久留米大学医学部 免疫・免疫治療学講座 准教授)

施設訪問 
名古屋陽子線治療センター

最先端技術「スポットスキャニング照射」による治療法を導入
通院しやすい「都市型施設」。さまざまな治療法を
組み合わせた「病院併設型施設」でがん治療を提供

巻頭インタビュー
日本で8番目に誕生した陽子線治療施設の役割

先行施設のデータに基づくプロトコールで治療を行い
陽子線治療が将来の「標準的治療」になることを目指す
溝江純悦(名古屋陽子線治療センター長)

連載

医療ルネッサンス⑪
東京五輪開催が「被災地の復興に役立つ」というメッセージに違和感
上昌広(東京大学医科学研究所特任教授)

部位別に見た重粒子線による治療
第2回 前立腺がん
高リスクの前立腺がんにも優れた効果 治療期間が短いのが特徴
辻比呂志(放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院治療科課長)

がん闘病に必要な食事と栄養
人生を生かす殺すも食次第 世界中で食の大切さを考え見直されている時代
半田 えみ(医療法人社団中成会半田醫院)

がんの放射線治療の副作用とその対策⑪
~放射線治療の将来性と治療期間中の注意点
唐澤克之(都立駒込病院放射線科部長)

シリーズ 先端医療

樹状細胞療法⑪
先端医療 難治がん・転移がんの集中治療
免疫リスクを改善すれば〝樹状〟は効く! 〜がんは免疫リスクを作る〜
星野泰三(東京・大阪・京都統合医療ビレッジグループ理事長 プルミエールクリニック院長)

治療効果をプラスする「最新のがん治療」
第9回 肝臓がん
〜さまざまながん種に対する免疫細胞療法の効果〜
加藤洋一(新横浜かとうクリニック院長)

クリニック訪問

大阪開院記念
大阪・東京・京都プルミエールクリニックグループ 星野泰三理事長に訊く
長期的な抗がん効果をめざし がんに負けない体をつくる ー明確な治療方針と予測で安心感ー

特報

がんの定義が変わる可能性がある

米国では過剰な診断や不要な治療を避けるために新しい指針が提言された
佐藤信正(医療ジャーナリスト)

患者からの声

「理不尽な医療制度」がん闘病11年の訴え

私が裁判に敗れた理由―不正義の訴訟指揮
『患者本位の医療制度を求めて』の著者 清郷伸人

「忘れられたがん」と呼ばれる「肉腫(サルコーマ)」との闘い

⑤ がん患者支援イベント「リレーフォーライフ」
日本に「サルコーマセンターを設立する会」代表 吉野ゆりえ

ページの先頭へ

Life-line21 Topic

バックナンバー

Book.png 『ライフライン21 がんの先進医療』は全国書店の書籍売り場、または雑誌売り場で販売されています。こちらにバックナンバーのご案内をさせていただいております。

LinkIcon詳しくはこちら

掲載記事紹介

Book.png 「ライフライン21 がんの先進医療」で連載されている掲載記事の一部をバックナンバーからご紹介致します。

LinkIcon詳しくはこちら

編集後記

About.png 毎号の編集後記をご紹介いたします。
本誌の、定期でのご購読をおすすめします(年4回発行=4800円、送料無料)。書店でも販売しております。
書店にない場合は、発行元(蕗書房)か発売元(星雲社)にお問い合わせのうえ、お求めください。

LinkIcon詳しくはこちら

全国がん患者の会一覧

Cmps.png本欄には、掲載を希望された患者さんの会のみを登載させていただいております。
なお、代表者名・ご住所・お電話番号その他、記載事項に変更がございましたら、編集部宛にファックスかEメールにて情報をお寄せください。
新たに掲載を希望される方々の情報もお待ちしております。

LinkIcon詳しくはこちら

[創刊3周年記念号(vol.13)]掲載

がん診療連携拠点病院指定一覧表

Memo.png(出所:厚生労働省ホームページより転載)

LinkIconがん診療連携拠点病院一覧表ダウンロード

緩和ケア病棟入院料届出受理施設一覧

Memo.png

資料提供:日本ホスピス緩和ケア協会 http://www.hpcj.org/list/relist.html

LinkIconホスピス緩和ケア協会会員一覧ダウンロード

先進医療を実施している医療機関の一覧表

Memo.png(出所:厚生労働省ホームページより「がん医療」関連に限定して転載)

LinkIcon先進医療を実施している医療機関の一覧ダウンロード

ページの先頭へ

Books Topic

ライフライン21 がんの先進医療

2017.Jul vol.26 発売!!

26.jpg治療の選択肢を広げ、がん患者と家族に希望の光を与える情報誌

編集・発行:株式会社 蕗書房

詳しくはこちらLinkIcon

乳がんと言われたら読む本

治療・生活・食事・ケア

土井先生表紙.jpg乳がんの患者さん待望の一冊!!
治療のみならず、生活、美容、おしゃれも含め(フェイシャルセラピストかづきれいこさん、美容ジャーナリスト山崎多賀子さん協力)、患者の役に立つ最新情報を満載。「乳がん治療中の食事とレシピ」、巻末資料に患者会情報を収録

編集・発行:株式会社 蕗書房

詳しくはこちらLinkIcon

ライフライン21 がんの先進医療

2015.Feb 別冊 発売!!

免疫療法4.jpg免疫力が変えるがんの治療・再発予防効果ー次世代がん治療として世界中が注目する免疫療法について、専門家16人が語る最新ガイド

編集・発行:株式会社 蕗書房

詳しくはこちらLinkIcon

ライフライン21 がんの先進医療

2014.Apr vol.13 創刊3周年記念特大号(164頁)

13.jpg治療の選択肢を広げ、がん患者と家族に希望の光を与える情報誌

編集・発行:株式会社 蕗書房

詳しくはこちらLinkIcon

逸見晴恵が訊く

がんを生き抜くための指南書

書籍_逸見晴恵が訊く.jpg「がん」と宣告されたとき、良い医者の選び方・選ぶ方法がわからないとき、家族のがんに直面したとき、「勇気」と「希望」を与える一冊!

詳しくはこちらLinkIcon

モノローグー私の独白 独り言


絵本裏.jpg人前では言えなかった、「私の独り言」。
ちょっと心が疲れてしまった人に贈りたい……風刺と皮肉が詰まったほんわかブラックシュールな絵本

詳しくはこちらLinkIcon

連絡先.jpg

ページの先頭へ