ライフライン21_04.jpg
ライフライン21
がんの先進医療
2012.Jan.vol.4

2012年1月20日発行

定価1143円+税


特集

肝・胆・膵がんの治療

ラジオ波焼灼システムを用いた腹腔鏡補助下肝切除術
   若林 剛(岩手医科大学医学部外科学講座教授)

先進医療として普及し始めた画像支援ナビゲーションシステム
   高本 健史(日本赤十字社医療センター肝胆膵外科)

腹腔鏡下膵体尾部切除術・核出術
   中村 慶春(日本医科大学附属病院外科講師)

膵がんに対する樹状細胞ワクチン療法―樹状細胞ワクチンの機序と効果
   加藤 洋一(新横浜かとうクリニック院長)

施設訪問 
九州初の重粒子線がん治療施設 九州国際重粒子線がん治療センター

新たな事業モデルを構築し、「粒子線」がん治療施設の普及に貢献する

巻頭座談会 21世紀のライフライン

九州国際重粒子線がん治療センター(SAGA HIMAT)に寄せる期待
標準治療を実施する施設と「病病連携」でがんの完治を目指す
辻井博彦氏(独立行政法人放射線医学総合研究所フェロー)
工藤祥氏(九州国際重粒子線がん治療センター長)
北村信氏(公益財団法人佐賀国際重粒子線がん治療財団専務理事)
塩山善之氏(九州大学大学院医学研究院重粒子線がん治療学講座教授)

特別企画

国内未承認の抗がん剤や分子標的薬などを使用するための道案内

連載

医療ルネッサンス④
混合診療問題は、患者視点で患者の自己決定権を尊重すべきだ
上昌広(東京大学医科学研究所特任教授)

がん闘病に必要な食事と栄養
半田えみ(医療法人社団 中成会 半田醫院)

がんの放射線治療の副作用とその対策④
唐澤克之(都立駒込病院放射線科部長)

抗がん剤治療の副作用とその対策
森 甚一(都立駒込病院内科)

治療効果をプラスする「最新のがん治療」
第2回 膵臓がん
〜さまざまながん種に対する免疫細胞療法の効果〜
加藤洋一(新横浜かとうクリニック院長)

シリーズ 先端医療

樹状細胞療法④
世紀の大発見 祝ノーベル賞 がん治療が一変するこんなにもすごい樹状細胞療法
星野泰三(東京・京都統合医療ビレッジグループ理事長)

オピニオン

CTC(循環がん細胞)はがん医療を変えるか!?
水上 治(健康増進クリニック院長)

クリニック訪問

統合医療ビレッジグループ プルミエールクリニック 星野泰三院長に訊く
プルミエールクリニック10年間の歴史と実績

ページの先頭へ

Books Topic

ライフライン21 がんの先進医療

2017.Jan vol.24 発売!!

24.png治療の選択肢を広げ、がん患者と家族に希望の光を与える情報誌

編集・発行:株式会社 蕗書房

詳しくはこちらLinkIcon

乳がんと言われたら読む本

治療・生活・食事・ケア

土井先生表紙.jpg乳がんの患者さん待望の一冊!!
治療のみならず、生活、美容、おしゃれも含め(フェイシャルセラピストかづきれいこさん、美容ジャーナリスト山崎多賀子さん協力)、患者の役に立つ最新情報を満載。「乳がん治療中の食事とレシピ」、巻末資料に患者会情報を収録

編集・発行:株式会社 蕗書房

詳しくはこちらLinkIcon

ライフライン21 がんの先進医療

2015.Feb 別冊 発売!!

免疫療法4.jpg免疫力が変えるがんの治療・再発予防効果ー次世代がん治療として世界中が注目する免疫療法について、専門家16人が語る最新ガイド

編集・発行:株式会社 蕗書房

詳しくはこちらLinkIcon

ライフライン21 がんの先進医療

2014.Apr vol.13 創刊3周年記念特大号(164頁)

13.jpg治療の選択肢を広げ、がん患者と家族に希望の光を与える情報誌

編集・発行:株式会社 蕗書房

詳しくはこちらLinkIcon

逸見晴恵が訊く

がんを生き抜くための指南書

書籍_逸見晴恵が訊く.jpg「がん」と宣告されたとき、良い医者の選び方・選ぶ方法がわからないとき、家族のがんに直面したとき、「勇気」と「希望」を与える一冊!

詳しくはこちらLinkIcon

モノローグー私の独白 独り言


絵本裏.jpg人前では言えなかった、「私の独り言」。
ちょっと心が疲れてしまった人に贈りたい……風刺と皮肉が詰まったほんわかブラックシュールな絵本

詳しくはこちらLinkIcon

ページの先頭へ