編集後記

▶明けましておめでとうございます。と申しましても、もう早や2017(平成29)年1月も終わりですが、本年もよろしくお願い申し上げます。

▶巻頭グラビアでご紹介させていただいたのは血管外科のスーパードクター大木隆生教授です。昨年10月21日(金)、「ヘルシーマジネーション・カレッジ」を主宰するGEヘルスケア・ジャパンという会社(川上潤社長)からプレスリリースが送信されてきて、「カテーテルによる内科的治療と外科手術を一つの部屋で行えるハイブリッド手術室」などが紹介される旨、ご案内をいただきました。日本GE赤坂パークビル13階が会場で、講演のテーマは「村社会が組織活性化の要である~東京慈恵会医科大学外科学講座での取り組みと血管外科治療最前線」。大木教授の講演を拝聴して「トキメキと安らぎのある村社会」という言葉には強く惹かれました。学校のイジメ問題を解決するには、この〝思想〟をキーワードにすればいいのではないか、と思いました。

▶すぐに本誌のグラビアへのご登場を思い立ち取材を快諾いただきました。大木教授からはたくさんの貴重なエピソードをうかがいましたが、すべてをご紹介できないのが残念です。たとえば渡米時にはメジャーリーグの先駆者野茂英雄選手の写真を壁に張り勇気をもらった、という話などです。

▶表2(表紙裏)の広告と97頁でもお伝えしましたが、蕗書房は2月1日に住所を移転します。鶴岡八幡宮や鎌倉宮に近く、瑞泉寺の山門まで歩いて1分という山中に20年余り暮らしました。ウグイス、メジロ、キジバト、サンコウチョウ、コジュケイ、ヒヨドリ、そしてカラスにスズメ。この小鳥たちの鳴き声には癒されました。カラスやスズメの声もよくよく聞いてみると味わい深いものがあります。台湾リスもたくさんいて、カタカタと大きな鳴き声を毎日のように聞き、楽しみました。

▶新住所は、湘南記念病院、湘南鎌倉総合病院、大船中央病院が近くにあり、キジバトのいる林に隣接しています。大船観音に見守られて平安に暮らしたいと思います。(VOL.24)

(基)

Life-line21 Topic

バックナンバー

Book.png 『ライフライン21 がんの先進医療』は全国書店の書籍売り場、または雑誌売り場で販売されています。こちらにバックナンバーのご案内をさせていただいております。

LinkIcon詳しくはこちら

掲載記事紹介

Book.png 「ライフライン21 がんの先進医療」で連載されている掲載記事の一部をバックナンバーからご紹介致します。

LinkIcon詳しくはこちら

編集後記

About.png 毎号の編集後記をご紹介いたします。
本誌の、定期でのご購読をおすすめします(年4回発行=4800円、送料無料)。書店でも販売しております。
書店にない場合は、発行元(蕗書房)か発売元(星雲社)にお問い合わせのうえ、お求めください。

LinkIcon詳しくはこちら

全国がん患者の会一覧

Cmps.png本欄には、掲載を希望された患者さんの会のみを登載させていただいております。
なお、代表者名・ご住所・お電話番号その他、記載事項に変更がございましたら、編集部宛にファックスかEメールにて情報をお寄せください。
新たに掲載を希望される方々の情報もお待ちしております。

LinkIcon詳しくはこちら

[創刊3周年記念号(vol.13)]掲載

がん診療連携拠点病院指定一覧表

Memo.png(出所:厚生労働省ホームページより転載)

LinkIconがん診療連携拠点病院一覧表ダウンロード

緩和ケア病棟入院料届出受理施設一覧

Memo.png

資料提供:日本ホスピス緩和ケア協会 http://www.hpcj.org/list/relist.html

LinkIconホスピス緩和ケア協会会員一覧ダウンロード

先進医療を実施している医療機関の一覧表

Memo.png(出所:厚生労働省ホームページより「がん医療」関連に限定して転載)

LinkIcon先進医療を実施している医療機関の一覧ダウンロード

ページの先頭へ