編集後記

▶今号「鎌倉の四季」では東慶寺をご紹介しました。北鎌倉に2年ほど住んだことがありますが、時間をかけて境内を散策したのは今回が初めてでした。寺宝を展示する松岡宝蔵には夏目漱石の書簡など文人や哲人たちの史料が展示されています。撮影が禁止されているため写真でご紹介できないのは残念ですが。哲学者・西田幾多郎や和辻哲郎のお墓が東慶寺にあることを今回の取材で初めて知りました。

▶蕗書房は2月1日に同じ鎌倉市内で大船観音に近い「植木」に転居したことを前号でお伝えしました。その移転先より地元ならではのビッグニュースをお届けします。
蕗書房は、世界最大級の大きさを誇る武田薬品・湘南研究所の敷地に隣接しています。
世界最大級といってもピンとこないと思いますが、25万平方メートル、東京ドーム(4万6715平方メートル)の5倍以上の広さがあるということです。

▶本題はこれからです。沖縄徳洲会湘南鎌倉総合病院(本誌VOL.6・巻頭グラビアにおいて紹介)も目と鼻の先にありますが、地元『玉縄地区社協だより』に同病院についてこんなニュースが載っていました。
武田薬品の敷地の一部を購入し、現在の病院に連結した7階建ての外傷センターを建てる。年間1万4千台を超える救急車、ヘリコプター搬送、4万人を超える救急患者を支えている救命救急センターをさらに拡充し、来るべき大災害にも耐えられる日本一の外傷センターにする。そして、国内では数少ない総合病院併設型の「がんセンターを計画している」というのです。「最先端の放射線治療機器を充実させ、がん手術療法、がんの免疫療法や抗がん剤治療から、患者サポートセンター、緩和ケアなど新規のがんはもちろん、再発がん、末期がんに対しても対応する、がん治療のすべてを支えるセンターを考えております」と、同病院の塩野正喜院長は将来構想を語っています(『玉縄地区社協だより』から)。
同病院の将来構想については本誌でもいずれ、ご紹介させていただきます。(VOL.25)

(基)

Life-line21 Topic

バックナンバー

Book.png 『ライフライン21 がんの先進医療』は全国書店の書籍売り場、または雑誌売り場で販売されています。こちらにバックナンバーのご案内をさせていただいております。

LinkIcon詳しくはこちら

掲載記事紹介

Book.png 「ライフライン21 がんの先進医療」で連載されている掲載記事の一部をバックナンバーからご紹介致します。

LinkIcon詳しくはこちら

編集後記

About.png 毎号の編集後記をご紹介いたします。
本誌の、定期でのご購読をおすすめします(年4回発行=4800円、送料無料)。書店でも販売しております。
書店にない場合は、発行元(蕗書房)か発売元(星雲社)にお問い合わせのうえ、お求めください。

LinkIcon詳しくはこちら

全国がん患者の会一覧

Cmps.png本欄には、掲載を希望された患者さんの会のみを登載させていただいております。
なお、代表者名・ご住所・お電話番号その他、記載事項に変更がございましたら、編集部宛にファックスかEメールにて情報をお寄せください。
新たに掲載を希望される方々の情報もお待ちしております。

LinkIcon詳しくはこちら

[創刊3周年記念号(vol.13)]掲載

がん診療連携拠点病院指定一覧表

Memo.png(出所:厚生労働省ホームページより転載)

LinkIconがん診療連携拠点病院一覧表ダウンロード

緩和ケア病棟入院料届出受理施設一覧

Memo.png

資料提供:日本ホスピス緩和ケア協会 http://www.hpcj.org/list/relist.html

LinkIconホスピス緩和ケア協会会員一覧ダウンロード

先進医療を実施している医療機関の一覧表

Memo.png(出所:厚生労働省ホームページより「がん医療」関連に限定して転載)

LinkIcon先進医療を実施している医療機関の一覧ダウンロード

ページの先頭へ