編集後記

▶︎前号の特集「婦人科系がんの標準治療と先進医療」のなかで、子宮頸がんの先進医療として「内視鏡下手術用ロボットを用いた腹腔鏡下広汎子宮全摘術」についてご紹介できませんでしたが、今号の70~72頁に掲載させていただきました。ご執筆いただいたのは東京医科大学の伊東宏絵先生です。〈続報〉としてお読みいただけましたら幸いです。

▶「鎌倉の四季」では、鎌倉文学館をご紹介いたしました。同館のバラ園は有名で、200種・245株のバラを集めているそうです。5月10日(金)~6月9日(日)まではバラまつりが開催され、文学館前庭ではヴァイオリン(能澤摩耶氏)とピアノ(辻英恵氏)のコンサート、言葉と音楽のコンサート(小林亜紀子氏による作品朗読など)が開かれたようですが、編集部では静かな日を選んで、5月と6月に分けて取材させていただきました。6月に再訪したのは、アジサイを撮影するためです。

▶前号VOL.33の編集後記でお伝えした、京都大学高等研究院の副院長で特別教授であられる本庶佑先生の「有志基金」の件で訂正しなければならないことがございます。本庶先生は生命科学や基礎研究に携わる若手研究者のため、また、未踏科学領域に挑戦する若手研究者のために「本庶佑有志基金」を設立されました。この基金は、本庶先生が寄付されたノーベル賞賞金を原資として設立されたものですが、その目標額について編集後記では「1000万円」と書きました。これは「1000億円」の誤りです。訂正させていただきます。

▶前号の編集後記では、続けて「……このくらいの金額、国のほうで何とかならないものでしょうか?」と書きましたが、これにつきましては、1000万円を「1000億円」に訂正しても〝要望〟に変わりはありません。(VOL.34)

(基)

Life-line21 Topic

バックナンバー

Book.png 『ライフライン21 がんの先進医療』は全国書店の書籍売り場、または雑誌売り場で販売されています。こちらにバックナンバーのご案内をさせていただいております。

LinkIcon詳しくはこちら

掲載記事紹介

Book.png 「ライフライン21 がんの先進医療」で連載されている掲載記事の一部をバックナンバーからご紹介致します。

LinkIcon詳しくはこちら

定期購読のご案内

Book.png本誌の、定期でのご購読をおすすめします(年4回発行=4800円、送料無料)。書店でも販売しております。書店にない場合は、発行元(蕗書房)か発売元(星雲社)にお問い合わせのうえ、お求めください。

LinkIcon詳しくはこちら

全国がん患者の会一覧

Cmps.png本欄には、掲載を希望された患者さんの会のみを登載させていただいております。
なお、代表者名・ご住所・お電話番号その他、記載事項に変更がございましたら、編集部宛にファックスかEメールにて情報をお寄せください。
新たに掲載を希望される方々の情報もお待ちしております。

LinkIcon詳しくはこちら

[創刊3周年記念号(vol.13)]掲載

がん診療連携拠点病院指定一覧表

Memo.png(出所:厚生労働省ホームページより転載)

LinkIconがん診療連携拠点病院一覧表ダウンロード

緩和ケア病棟入院料届出受理施設一覧

Memo.png

資料提供:日本ホスピス緩和ケア協会 http://www.hpcj.org/list/relist.html

LinkIconホスピス緩和ケア協会会員一覧ダウンロード

先進医療を実施している医療機関の一覧表

Memo.png(出所:厚生労働省ホームページより「がん医療」関連に限定して転載)

LinkIcon先進医療を実施している医療機関の一覧ダウンロード

ページの先頭へ